ぷ~とこあらの幸せ人生計画Ⅲ

西洋医学&東洋医学&補完代替医療(+α )で”全身性キャッスルマン病”とお付き合いしています。 病気を機に人生が穏やかに。「内なる声」も戻ってきました。今ではミラクルと感動が絶えません♪
  .                          ↓↓「だるまん検診」の日記を先生のHPにリンクして頂けることになりました。↓↓
                           <<2010.09.26更新 「だるまん検診 ★ 口から自分を見つめてみたい」>>

完治を目指して - 耳の生検&新しい治療法の模索

2013年8月、阪大病院でキャッスルマン病のセカンドオピニオンを受けました。
その後~今日までの経過を簡単に書きます。

「阪大でのセカンドオピニオン外来 + 新しいチャレンジ」
http://puandkoara.blog20.fc2.com/blog-entry-196.html

-------

・2014年2月
日本医科大学病院形成外科で両耳のケロイド手術 + 生検 + 放射線治療(2日間)

ケロイドの直接の原因は高校生の頃に開けたピアスですが、キャッスルマン病と診断がついた2005年頃から急に大きくなり始めました。しこりが大きすぎるのと真性ケロイドは傷ができると大きくなるので手術は禁忌と聞いていましたが、これまで受診した中で初めてこれは取れると言ってもらえました(T_T) 手術は上手くいって耳の形も綺麗に残りました。今は毎日ドレニゾンテープを貼ってます。(詳しくは後日、画像とともに別の記事をアップします)

阪大病院のセカンドオピニオンを踏まえ、耳のケロイドとキャッスルマン病との関係が知りたかったので切除した部分の生検も一緒にお願いしました。生検では残念ながら病気と直接関係があるような結果は出ませんでしたが、キャッスルマン病の発症で血液が正常な状態から変化したことがケロイドの成長にも影響を与えたのではないかとのことでした。今後病気とともにケロイドが再び大きくなるようなことがあれば今後ケロイドの原因解明につながる何かが分かるかもしれないため、論文や研究の資料として使ってもいいという内容の書類にサインしました。


・2014年6月下旬
イーハトーヴクリニック を受診。 http://ihatovo-clinic.com/

フランス人生物学者ガストン・ネサーン氏が発見した「ソマチッド」と新しい治療法「714X」に関心があり、話を聞きに行きました。先生の話では今までこのクリニックで714Xを使った人は300人ほど。714X は原則、自己注射で1クール21日+2日休み。何クール使うかは人によって違うそうです。

私の場合は4クール。これまでの経緯や現在の体調を話したら初めはまだ使わなくてもいいんじゃないかということでしたが、専用の顕微鏡で血液の状態とソマチッドを一緒に観察した後、症状はないけど血液そのものは健康というわけじゃないから希望するなら試してみてもよいと言っていただけました。

こういう治療は自己責任だし100%自費負担でそれなりに高価。勇気も多少いるかもしれません。それでも、私自身は試すことにかなり前向きで、できるだけ早く始められたらと思っています。

ガストン・ネサンって誰?ソマチッドって、714Xって何?という方はこちらをどうぞ。

ソマチッドと714Xの真実ソマチッドと714Xの真実
(2011/05/11)
稲田芳弘

商品詳細を見る

4年くらい前、初版がでた頃に取り寄せて読みました。
(その時、本で知ったのが今回受診したイーハトーヴクリニック院長の萩原先生です)


HOME

 電力使用状況&電気予報ブログパーツ 

 カレンダー+最終更新日 


05 | 2014/06 | 07
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -

 プロフィール 

こあら

  • Author:こあら
  • こあら
    何気ない日常を日々満喫しています。病気でも40歳の今が一番幸せで楽しい(*^-^*)♪ 時間の経過とともに"今"がどんどん好きになっていきます。 

    どんな状況もそれなりに楽しめるのが長所といえば長所。いつも明るく前向きでいられたらいいな。

     

 カテゴリ 
 検索フォーム 

 リンク 
 月別アーカイブ 

債務整理タイ・バンコク情報